地産地消

地産地消

地産地消とは生産地で取れたものをその地域で消費することです。地産地消という言葉は1980年代中頃生まれました。出所は諸説がありはっきりしませんが、80年代の終わりには全国各地の農業関係者の間に広まっていたようです。

90年代には、食の安全について様々な問題がクローズアップされるようになり、国内の高い農産物でも「安心・安全で高品質」をアピールすることで市場での競争力が確保され、地産地消の流れが定着していきました。地産地消の長所
旬の食べ物を随時新鮮なうちに食べられる
消費者と生産者の距離が近いゆえに鮮度がよいため、野菜の栄養価が高い
地域経済の活性化、地域への愛着につながる
地域の伝統的食文化の維持と継承
農水産物の輸送にかかるエネルギーを削減できるナチュレでは、この考えを重視、天のめぐみの流通範囲を、一日で配達可能な関西に絞り、お客様へ出来たてのお水を出来るだけ早くお届けしています。
天のめぐみ
名水百選
滋賀県のお米近江米
地産地消
鈴鹿山脈

今すぐお申し込み
お問い合せ
フリーダイヤル0120-454-032

フリーダイヤル0120454032